ダラシンTゲルを市販で購入したいという方は多いと思います。

しかしながら、ダラシンTゲルは市販で販売していません。

どうしもてダラシンTゲルを購入したい方ははファミリーファーマシーグローバルという医薬品の個人輸入代行サイトから購入することができます。

ファミリーファーマシーグローバルは海外のサイトですが、日本語のサイトです。

支払いはクレジットカードや日本の銀行振り込みで支払うことができます。

海外なので注文から到着まで一週間から26日ぐらいかかるのが欠点です。





ダラシンTゲルはニキビの原因によっては効果に差が出る

わたしは大学4年生のときに、突然ニキビができ始めました。

それまでにもニキビができたことはありましたが、放っておいたら自然と治っていたので、特に気にしたことはありませんでした。

ところが、今回のニキビは今までとは様子が違います。

次から次へと新しいニキビが生まれ、おでこやほほ、あごにまでびっしりと。

赤みのあるニキビで見た目にも目立ち、もはやメイクでは隠し切れない状態です。

市販のニキビ薬をあれこれ購入して塗ってみましたが、まったく効果がありません。

自分の力ではどうにもならないとわかり、わらにもすがる思いで、ようやく皮膚科へ行くことにしました。

そこで、処方された薬がダラシンTゲルという塗り薬です。

洗顔して顔を清潔にした後に、化粧水で水分を保湿し(この化粧水も皮膚科ですすめられたものです)、ニキビのある部分にだけダラシンTゲルを塗ります。

ダラシンTゲルは透明のジェル状の薬で、べたつかず、すっと塗ることができます。

塗っていても塗っていなくても見た目の変化はありません。

特にひりひりすることもありませんでした。

洗顔をするのは朝と夜の2回なので、ダラシンTゲルを塗るのも1日に2回、次の診療日まで根気強く続けました。

ところが、努力の甲斐もなく、ニキビは少しも治まる気配がありません。

最初に皮膚科に来院したときとほぼ変わらない状態で、二度目の診療日がやってきたのでした。

皮膚科の先生は、効果がまったく現れていないことに困惑気味でしたが、もう少し様子を見てみましょうと、ダラシンTゲルを続けることに。

結果、私のニキビにはやはり効果がなく、最終的には婦人科を受診することになったのです。

そこで、わたしのニキビはホルモンバランスの乱れが原因であると判明し、ホルモン治療に切り替えたところ、ニキビは落ち着いていきました。

ニキビの原因が肌以外にあったので、私にはダラシンTゲルが効かなかったようです。