わたしがビーソフテンローションを使ったのは20歳の時です。

元々私はアトピー性皮膚炎を患っていて何年も皮膚科に通う日々が続いています。

その時に毎回このビーソフテンローションを処方してもらっています。

ビーソフテンローションは化粧水のような軽い使い心地で身体の広範囲に保湿が必要な場合に適しています。

私は以前はヒルドイドローションを使っていたのですが、同じ使い心地と効果でお薬代が安くなるならとビーソフテンローションに切り替えました。

すると薬を変えてから私にはこのビーソフテンローションがあっているようで、ビーソフテンローションを使うようになってからはひどいアトピー肌が少しずつ改善されていったのです。

また私は昔からひどい乾燥肌でもあり今まで使っていた薬はあまり効果がなかったのですがこのビーソフテンローションに変えてから乾燥肌も次第によくなっていきました。

特に冬は市販の保湿剤を使ってもまったく潤わなかったカサカサ肌が、しっかりと潤うのでこのビーソフテンローションは生活していく上でかかせないものとなっています。

ビーソフテンローションはあくまで保湿性のものなのでステロイドのような抗炎症作用はありません。

しかし、保湿によって乾燥による肌の炎症が治まる場合などもあるためアトピー性皮膚炎の症状も治まりやすくなります。

私の友人には同じように乾燥肌でアトピー性皮膚炎の子がいます。

その子はいろんな薬を試したことがあるそうで、どれも効果がなくいい薬があれば紹介してほしいと頼まれたことがあります。

その時にビーソフテンローションを彼女に紹介したところ、今までの薬よりも変化が分かり徐々にアトピー肌が改善されていったということを言われました。

今まで肌を隠すため長袖の服を着ていたのだそうですがそれがなくなったと聞き本当によかったと思っています。

この記事を読んで参考になった方はぜひ試してみてください。

(山形県鶴岡市湯田川甲28-31 仮名ISHIIさん)