私は山梨県に在住のスミ子と言います。

私は化粧水を変えた際、顔全体が赤くかゆみが出てしまい、ロコイド軟膏を処方してもらい、回復した経験があります。

今まで使っていた化粧水に効果を感じられなかったので価格の安いものに変えて数日使っていたら顔が赤くなりかゆみも出てきてしまい慌てて皮膚科に駆け込みました。

化粧水を使っていて肌が荒れたことがないことと医師の判断で、弱いステロイド剤であるロコイド軟膏を処方されました。

「弱いと言ってもステロイドなので薄く塗って下さい。かゆいからたくさん塗りたくなると思いますが逆に荒れてしまうので薄くですよ、薄く」
とかなり念を押されて説明してもらいました。

薄くってどのくらいなんだろうと思いながら軟膏を指に出して顔に塗ると、あまり伸びずとても塗りづらかったです。

しかし医師から念を押されていたのですごく気を付けて薄く薄く塗りました。

一日数回との説明でしたが、朝起きた後の洗顔後とお風呂を出たときの2回塗りました。

翌日はまだ少し赤みとかゆみが残っていました。薄く塗りすぎたかなと思いましたが、思い浮かぶのは医師の「逆に荒れる」という言葉でした。
もうこれ以上を肌を荒らしたくないという一心で薄く薄くロコイド軟膏を塗りました。

皮膚科に行ってから二日後、ようやく赤みもかゆみも治まりました。

治まったけど医師や薬剤師からいつまでという説明がなかったことに気が付き、処方箋を見てみても書いていなかったので念のためもう一日塗りました。

完全に赤みとかゆみがひいたので使用をやめて別の化粧水を使ってみましたが、再び荒れることはなく、一安心しました。

気持ちに余裕が出てからネットでロコイド軟膏を調べてみたら赤ちゃんにも使えるステロイドとして紹介されているのを見て、そんなに弱いんだとさらに安心しました。

その後、体調や乾燥によって肌が荒れたときは使用しています。

あくまでも医師の言っていた通り、薄く薄くを心掛けて塗っています。

ロコイド軟膏通販