私は50代の女性で、職業はフリーライターです。
私がおすすめするカサカサ顔の対処法は、寒さと保湿対策を十分に行うことです。

この2つを意識して気を付けているだけでも、かなりカサカサ顔の症状を和らげることができます。
冬の寒さや乾燥によることが原因で顔がカサカサしやすくなりますが、中にはこれ以外の原因に場合もあります。

その場合は対策が変わってきますが、セルフケアが上手く行かない場合や、原因が分からない時は、皮膚科を受診して適切な治療を行った方が良いでしょう。

顔のカサカサは花粉によるものや日焼けなどによっても起こりやすくなります。
寒さによる顔のカサカサが起こりやすいのは冬が多いですが、梅雨時期や夏にもこの症状が出る場合は、別の原因が考えられます。

これからさらに寒くなる今の時期のうちに、顔のカサカサが酷くならない対策を行っていきたいものです。
外出時は冷たい外気が顔に当たらないためにも、マスクやサングラスなどを着用したいものです。
さらに帽子を被ることで、おでこの乾燥対策にも繋がります。

また、乾燥してくると肌に痒みが生じてきます。
痒い時は爪なので掻かずに、すぐに保湿クリームを付けるようにしたいものです。

そのまま放っておいたり、爪で掻いてしまうと、さらに症状が酷くなってしまいます。
そうなってしまうと、保湿クリームを付けても、なかなか症状が良くなりません。

カサカサ顔は早めの対策が何よりも重要です。
顔は一番目立つ場所なので、乾燥でカサカサになっていると、メイクでさらに顔が荒れてしまったり、余計にカサカサが目立ってしまいます。

カサカサ顔が酷い時は、できるだけメイクをしない方が無難です。
また、顔をゴシゴシ洗ったり、お湯で洗ったまま放置しておくことも乾燥肌を悪化させてしまいます。

保湿クリームは伸ばして塗ると言うよりも、顔の上に軽くおいていくように付けることで、肌に余計な刺激を与えないで済みます。
 
顔が乾燥しやすい冬の季節は保湿力の高いクリームを付けるようにしたいものです。
ワセリンは少しベタつきが気になりますが、保湿効果が高いので、カサカサ顔にも効果がかなり期待できます。

顔のカサカサが酷くなってくると、赤くなって皮が剥けたり、ヒリヒリして痛みを感じたりしてきます。
それを何度も繰り返していると、色素沈着をして、顔の一部が黒ずんでしまうことがあります。

色素沈着になってしまうと、それを治すのに時間がかかってしまいます。
そうならないためにも、早めのスキンケアが重要です。