半年前から子供たちの教育費でひっ迫した家計を助けるべく旅行代理店で週3日パートに出ています。書類の整理とか難しい仕事はないのですが始めた当初すごく精神的に疲れました。20代30代が中心でパワハラとか全くなく分らないことがあれば気軽に質問して教えてもらえるような雰囲気の職場でストレスが貯まるような理由は全くないはずでした。ところが年下と久々に関わることになって自分の衰えに絶望することになったのです。脳の衰えはもちろんのこと、一番絶望したのは肌の衰えでした。50歳が目前なわけですからそんなに絶望する必要もないのは分かっていました。それでも、若い子たちの肌を見る機会が増えたことで、自分のシミだらけの肌を直視することが出来なくなり、仕事に行かない日までふさぎこんで外出する気もなくなってしまいました。そんな時久しぶりに姉と旅行に行きました。姉は完全に子供たちが独立して自由な時間もお金も増えたこともあり生き生きして見えました。肌もツルツルで「目がくらむように眩しい」とさえ感じました。「1歳しか違わないのにこの差は何?やっぱり私は結婚が遅かったから?」またさらにどん底の気持ちになりました。温泉から出た後姉の必殺技を知りました。私が美容液とかパックとか色々やっていたら、隣で姉はチュウブのクリームササっと塗って「先に帰ってるね」と立ち上がりました。「えっもう終わり!」、「デメランクリーム最高だよ!これだけで毛穴が全然目立たなくなって、肌も明るくなるし」。「それだけでいいの?」、「大分前から洗顔の後デメランクリームを塗るだけだよ」。「これだ!」と答えが見つかったと確信しました。

デメランクリームを使い始めて一か月たった位でシミが大分薄くなった感じがしてすっぴんで鏡をみても落ち込むことがなくなりました。初め、少しピリピリしたので毎日じゃなく2日に一回にしました。今ではピリピリはありませんがこの頻度でも充分効果を感じています。気持ちにも自信が湧いてきて若い男女と面と向かって話してもドキドキしたり後で落ち込んだりすることもなくなりました。最近チーフから「窓口業務もお願いしたい」と言われ同じ年代のパートでは私だけなので驚きです。もちろん、チャレンジしようと思っています。デメランクリームのおかげで「50代からスタート出来る」と舞い上がっています。コスパの良さもありがたいです。何を削ってもデメランクリームへの投資だけは絶対自分のために続けたいと心はダイヤモンドより固いです。