PL顆粒を市販で購入したいと思いませんか?

しかしながらPL顆粒は市販で販売していません。

近所の薬局やドラッグストアでは購入できませんし、楽天やAmazon(アマゾン)のような通販サイトでも買うことはできません。

どうしても、PL顆粒を購入したい方はファミリーファーマシーグローバルという医薬品の個人輸入代行サイトから購入することができます。

ファミリーファーマシーグローバルは海外のサイトですが、日本語のサイトです。
支払いはクレジットカードや日本の銀行振り込みで支払うことができます。

海外なので注文から到着まで一週間から10日ぐらいかかるのが欠点です。

商品名: PL配合顆粒:100g(1g×100包)
販売価格:2,420円
発送元:シンガポール
製造元:塩野義製薬 株式会社
販売元:塩野義製薬 株式会社

風邪をひくとよく処方されるPL顆粒について

風邪かも、と思い病院に行くと、高い割合で処方される「PL顆粒」。

透明な袋に白い粒、多くの人が一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ここでは、以前PL顆粒を処方されたときの体験についてお話させていただきます。

ある朝風邪をひいた日の出来事です。

前日からなんとなくだるさがあり、朝になって38度の熱、頭痛、鼻水、喉の赤みの症状がありました。

「やっぱり・・・」という気持ちで病院へ行くと、「抗生物質と風邪の症状を緩和するお薬を出しますね」とのこと。

その時処方された薬は、クラリスロマイシン(抗生物質)、ロキソニン(解熱鎮痛剤)、PL顆粒(総合感冒薬)の3つでした。

午前中に病院へ行き、帰宅したのはお昼前。

薬局でもらってきた薬の添付文書によると、PL顆粒の効果・効能は、熱、鼻水、鼻づまり、筋肉や喉の痛みなど、風邪の症状を抑える働きがあるとのこと。

解熱鎮痛剤であるロキソニンも処方されたので効力はあまり強くないのかもしれません。

また、注意事項として、アスピリンや他の解熱鎮痛薬で喘息が出たことのある人、消化性潰瘍、急性狭隅角緑内障、前立腺肥大、15歳未満で、水痘やインフルエンザにかかっている人は通常服用できない旨の記載がありました。

私はいずれにも該当しないので、昼食を食べ、早速処方された薬を飲みました。

効果は、飲んでから1時間経たないうちにあらわれはじめました。

頭痛がやわらぎ、熱は37度台に、鼻水が落ち着き風邪のつらさが半減していました。

眠たくなる副作用があるとのことで、たしかにとても眠たくなり、風邪の症状で眠れないということはなくぐっすり眠ることができました。

眠気が強かったので、注意が必要な作業・運転などをする場合には注意が必要かもしれません。

実際添付文書にもそのような記載がありました。

PL顆粒は対処療法薬とのことで、風邪自体を治してくれる薬ではありませんが、つらい症状を楽にしてくれる薬です。

風邪の多くの症状に効くので、処方された際には用法・容量を守って、風邪の症状緩和に役立てたいですね。